あの車買取査定方法

自動車売り渡しを依頼したケースでは、初めに鑑定を受ける事となります。その場合の値踏みに関しては買い取りの専業店の人がするわけですが、ユーズドカー市場の値段などから算出されるものとなります。

大体、中古のクルマということで売り出されている額の2~3割くらいが買取り価格と言われていますが、好評なくるまであったり、珍しい車種である等のケースでは高プライスが付くケースもあるでしょう。また、年式は新しいほど高い金額となります。一方でそうした買取額はそのくるまがパーフェクトな状態の場合であり、完全じゃない時は低い査定となります。なかでも特に事故歴等は買取価格に大きく響きます。

事故歴というのも定義は微妙なところですが、基本的には車両の基礎であるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを起こしてしまったお車は事故車となってしまいます。そのような事故歴のある車はその後何か悪い影響が出てしまう危うさが有るため、見積価格についてはダメなものとなります。ですが、フレームの部分まで影響が及ばず、外見を直した位ならなりませんが、事故歴は付いてしまいます。

勿論、修復歴がついてしまいますので負の影響があるのですが、事故車よりも低い査定となることは無いです。そのほか、エンジンや変速機などに問題が起きている場合もマイナスとして見積もりされますし、いつもの手入れの良し悪しが買取プライスに関わってきます。

このあたりは我々にはちんぷんかんぷんですが、査定を行う買取専門ショップはちゃんとその部分も確認してきます。

どちらの場合でも修理歴は存在しないことが自分の車の見積金額をアップできるかどうかのポイントになります。