これこそ買取や下取り リサイクル料のことを考えてみた

マイカーを売却するさいのやり方といえば下取りと買取りが有ります。下取の場合は新しいクルマをゲットすると同時に今までのクルマを引き取っていただくというものです。たいてい新車取扱店が引取りを行うため売値の方は割と低めになることが多いです。

他方、買取りの場合には古い車の買い取り専門店がおこなっているもので、中古車として売る事を前提に引取り値段を決めるので、どちらかといえば高プライスの買取りが望めます。何れにしても中古車を売る事であり、売る前に買取金額を決定するための査定がされることとなります。

見積もりをしてもらうとして気に掛かるのがリサイクル料になります。中古車審査で提示される値段としてはその所有車そのものの額、愛車に附随するリサイクル料や自賠責保険などいれたプライスの2種類があります有ります。リサイクル料に関しては愛車を買った時、又はリサイクル料が未納の時には車検を受けた時支払われるもので、後に自分のクルマのを廃車として処分する時に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする為の料金という名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する場合にJARSから支払されるということになります。

費用は大体、軽だと8千円ほど、国産車であれば10000円程、外国の車等で15000円位、それ以外で20000円ほどを入金する必要性があったりもします。多くの中古車引受けであれば、こうした「リサイクル料」を所有車の引き取り額とは別ということで引取りされるというようなこととなる訳ですが、リサイクル料金を含んで引取りプライスであるという場合も有り、引取りを頼む際にはチェックしておくのが大事な事となります。