これは・・・残債がある車の売却のことを考えてみた

車買い取り専門店に見積もり査定をオーダーしたものの、残債を払いきっていないということもあり得ますよね。このような時は、売却希望のクルマの所有者が自分自身なのか誰か別な方なのかどうか取りあえず見ておくことが必要となります。

実際のところ、持ち主に関してなにを確認するとわかるのかといいますと、「自動車検査証」に記載のあるお名前の方が自動車の権利者となります。

愛車を買うタイミングで銀行系のローン支払いを組まれた際は、この「自動車検査証」に載っている名前が自分自身の名前になっているのですが、自動車ローンを組んだのが信販系の会社などの時にはお名前がその信販会社の名前となっているのです。クレジット会社で分割払いを組む場合どういう理由でこういった形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、回答としては毎月の支払いが滞った場合、スグにマイカーを差し押さえして確保できるようにするためです。

そんなわけで持ち主名義が信販会社にある際はその自動車を自分の都合で売る事はできないのです。それでも売りたいならとりあえず残債を全て返済するか分割払いの組み替えをすることで所有者をご本人に変更してから手続きする必要性が出てきます。そうとはいえ実際そんなことができるのはその時点でお手持ちの資金が豊富にある場合に限定されます。だったら現金が不足しているならどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そうした際は鑑定を行ってくださった自動車買取り業者に事情を話すと、車の買値から残債分をキレイにし、所有権をご本人のお名前に変えて貰うことができるというワケです。手続きについてもすべて買取り業者に任せることができますので問題ないです。