ついでに日本自動車査定協会の取組

古くなった車の買い取りや下取りの時には、間違いなく査定をするものです。査定というのは、お客さんから買い取り・下取時にまともな鑑定をするための手続きであり、その為にはたくさんの人から容認され、尚且つ了解された進め方でなければいけません。ただし、お客様側からしますと、鑑定がどんなふうに実施されているのか正確には存じてなかったり、正当な段取りで作業されているのかは案外知ることが難しいものです。とはいえ、鑑定自体がユースドカーの価格を決定するめちゃくちゃ重要な方法である為、考えや方法に種々のものがあれば社会の混乱の理由にもなる可能性があります。

そういったパニック状態を発生しないようにするためにも日本自動車査定協会という呼称の機関が設立され、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」という機関は、適正な鑑定が浸透するように動いている機関のことで、私たちが信頼して値踏みに出すことができ、加えて満足できる結果となる制度を構築する活動をしています。

分かりやすい活動の内容は、例を挙げるとちゃんとした査定士を育むためのテストを行っており、査定協会が実施する学科や技法の研修を受けて頂き、そして査定士技能検定試験という試験に合格することである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、しっかりとした基礎的なものや規律をもって我々のくるまの評価をします。言い換えると適正な査定を出すための資格を保持している人間が評定を実施しますので、お客さんも安堵して買い取りや下取りに愛車を提出することが出来るというわけです。