なんと!日本自動車査定協会という機関について調べてみた

中古の車の買い取りや下取りの際には、最初に査定をさせて頂きます。査定とは、ユーザーから買い取り・下取時にちゃんとした評価をするための処置であり、それには多くの人から納得され、その上承諾された手順でなければいけません。ただし、お客様側からしますと、審査がどうやってやられているのかちゃんとは確認できてなかったり、キチンとした仕方でやられているかはどうにも知ることができなかったりもするものです。そうだとしても査定と申しますのはマイカーのバリューを確定させる重要なプロセスである為、考えや方法に色々なものがあると社会が混乱する原因にもなってしまうわけです。

そのようなパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、しっかりとした審査が浸透するように動いている団体であり、消費者が信頼して車を審査に出せて、そのうえで納得できるシステムを構築する動きをしています。

内容的には、例を挙げると健全な査定士を育てるためにテストを実施しており、査定協会がおこなっている学科及びスキル研修を受けてもらい、そうしてから「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには教会へ登録することが必要となり、まっとうな知識や義務を以てして私たちの車の品定めをするのです。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している方が評定をしますので、お客さんも悩まずに買い取りや下取りに車を出すことが可能となるわけです。