なんと!車買取査定方法について調べてみた

古い自家用車買取りを頼んだ時は、まず最初に見積もりを受ける事となります。その場合の審査の方は買い取りの専業店の査定士やり、ユーズドカー市場の金額などから算出されるものとなります。

普通は中古の車ということで販売されているプライスの20~30%くらいが売値と言われているようですが、人気の車種や、珍しい車であるなどの際には高い査定が付くといったケースもあるでしょう。他にも、製造年は新しい方が高く売却できます。ただし、こうした買取金額は愛車が万全な状態の時であって、そうではないケースだと低く査定されます。なかでも事故歴等は買取額に相当影響してきます。

事故歴というのも定義はあいまいですが、基本的には車両の骨格であるフレームの部分まで跡を残すような事故を経験してしまったクルマは事故車という事になります。こうした事故歴のあるクルマはいつかなにか悪い影響が出てくるかもしれないという危うさが有るため、見積金額に関してはマイナスになります。ですが、フレームの方には影響しておらず、ボディを修理したくらいであれば問題ありませんが、それでも修理歴が付きます。

モチロン修理歴は付く訳ですから負の影響はあるものですが、事故車に比べて低い査定となることは無いでしょう。また、エンジン等にアクシデントが出ている場合にもマイナスに査定されますし、普段の点検整備の状態が買取の値段に影響されます。

この辺りは素人目には分からない部分ですが、査定をおこなう買い取りの専門店としてはシッカリ状態を見てくるでしょう。

どちらにしても修復歴はないことが古いクルマの買取プライスがアップできるか否かのポイントになります。