使用した自動車の引き上げに関してはローンの完済前だった場合でもいいの?ここで確認しましょう

中古の車の買い取りのお店に評定をオーダーしたものの、残債を払いきれていないなどといったケースもあるはずです。このような事情では、その売ろうとする使用していた自動車の権利がご自身であるのか、別な人であるのかどうかまずは把握しておくことが求められます。

実際のところ、名義はどれを見たら把握できるのかといえば、自動車検査証に書かれているお名前の人がそのu-carの所有権者という訳です。

お車を手に入れた際に銀行が提供している分割払いを組まれたケースでは、この「車検証」に記載のあるお名前が自分の名前になっていると思うのですが、その分割払いを組んだのがクレジット系の会社などの場合はお名前がその会社の記載となる筈です。信販系で分割払いを組む場合何故このようにクレジット会社を所有権者として記載するのかというと、その理由は月賦が滞納されたときに、直ちにその自動車を担保という形で確保できるようにするためです。

こうした事情から所有権が信販会社にある際はその自動車を自分勝手に売ることは無理なことです。それであっても売却したいなら先に残債を残らず終わらせるか、分割払いの組み替えをすることで名義をアナタの名前に変更した後で手続きすることが求められます。そうはいっても現実問題そんな事が可能なのは現在持っているお金が余りあるケースに限られてしまいます。であるならば、資産が無い方はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

こうした場合は、品定めをして下さった中古自動車買取り業者にご相談頂けますと、中古の自動車の売却額から残債の支払いの分を返済し、持ち主をご本人の姓名に直してもらうことが出来ます。手続きの方も全てにおいて買取り業者に任せることが可能なので心配いりません。