使用済みの車を売りはらうときの方法のことを、ここで詳しく見ていきましょう

マイカーを売り渡すさいの進め方といえば下取りと買取りというのが一般的です。下取りの場合というのは新しい愛車をゲットする際にこれ迄乗っていた使用ずみの自動車を引受けしていただくというものです。主としては新車販売店が引き受けをすることになるため値段としてはどちらかといえば低目になるケースが多いです。

一方、買取りの場合にはマイカー買取専門店がやっているもので、使用済みの自動車として店頭に並べることを予定に引き取りの額を決めるため、どっちかというと高額の買受が期待できるでしょう。何れにしても使用済みの車を買取してもらうことであり、売る前に買受け額を決めるための審査額がされることとなります。

査定をお願いする場合気に掛かるのがリサイクル料となります。クルマ審査額で提示される価格としてはそのお車それ自体の価格、愛車に附随する自賠責保険やリサイクル料など加えた金額の2つの種類がございます。リサイクル料については使用した自動車を手に入れた時、若しくは「リサイクル料」が未納のケースでは車検を通した場合に支払いとなりますので、のちに使用ずみの車を廃車として壊してしまうさいに必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルする為のコストという名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

その場合の料金は大体、軽自動車だと8千円程、普通車だと1万円位、外国の車等で15000円ほど、その他で2万円位を入金する必要があったりもします。だいたいの使った車引き上げですと、こうしたリサイクルの代金をマイカーの引き受け金額とは別で引受けされるというようなこととなりますが、リサイクル料を含めて評価の値段としてるケースもあり、引き取りを依頼する場合には事前にチェックしておくということが大事なこととなります。