例のクルマを売る時の査定について

ユーズドカーの売買契約時は、まず最初に中古車の鑑定をすることになります。車の型式や年式で、ベースとなる標準時のプライスの理解をしておきます。これよりもっとコンディションがマイナスなら、見積額を減らすという手順で行われていくわけです。

標準状態の値段のことについては買い取る側で目安のデータを保持しています。コチラに関しては業者間でのみ流通しているもので、その価格は車の型式や年式によって示されています。ではありますが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それだけの意味しか無いといえます。加えて、そのプライスよりも高値で買い取って貰えたり、場合によっては安い金額で買い受けされたりする場合も当然ながら無くはないです。

お店の立場としては限界まで低い金額で買取したいわけで、お店にもよりますが基準となる買い取りの値段を見せたうえで、更に安値の方へと行こうとしてきます。売りたい方の気持ちはわずかでもいい条件で売渡したいので、この時の交渉としては、したたかに攻めるのがいいと思います。あるいは、引き取りに関する金額が譲り合えなかったケースであれば一旦見送りとし、話を棚上げ状態としておきます。そうしてから別の専門ショップと交渉をしていくわけです。

もしここで額面的にもっと高くなって満足がいったなら、最初のお店とのネゴシエーションはおじゃんになっても気にせずOKです。すなわち、売却する側が満足がいくように話を進めていけば良いという訳なのです。一番気を付けてほしいのは、急ぎ足でプライスを決定してしまい、後で後悔をすることです。額面はとにかく強気に攻めた方が後悔しないでしょう。