改めて中古車見積もり時の必要書類

自分のクルマを売却したい場合におけるやり方には買取り、または下取といった方法があります。下取はおニューの愛車を買ったと同時に、前乗っていたくるまを買い取って頂くというものです。その時点で乗車ができる状況だったとしたら値段がつくのですが、とてつもなく古いクルマだったケースですと逆に処分のための費用を下さいと言われるケースだってあるでしょう。

下取は専門業者がおこなうわけじゃないので、望むような値段での買取りは無理でしょうけど、おニューのお車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能だという長所があります。逆に買取の場合は、専門でおこなっているくるま買取ショップにお願いして買取していただくといったものです。タイミングが難しいなどの良くない点も有りますが、引取りされた車はユーズドカーとなって流通するのがそもそも決まっている訳ですので、思ったより高価売渡が期待できると思います。

買取、下取どちらのケースでも手続きの時は必要書類を準備することが必要となるでしょう。その必要書類ですが、車検証の原本と自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。そのほか印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

譲渡のさいには委任状や譲渡証明も必要書類になりますが、そのあたりは買取専門ショップが用意してくれるでしょう。売却をお願いする方としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印さらに印鑑証明書が用意すべきものになります。見積もりの際もそれらに関してはチェックされるため、なくした時はまた発行する事になります。

もし仮に紛失のケースでも値踏みだけはして頂くことはオーケーですが、その場で買取りはできないため見積額に良くない影響が出ることとなるでしょう。