話題の車売却とリサイクル料について

所有車を売るさいの手順といえば買取と下取りのどちらかがあります。下取りの場合は次の愛車を購入すると一緒に前のユーズドカーを買い受けしていただくというものです。だいたいは販売店が引受をすることになるため買取額のほうは割と低めになるケースが多いです。

他方、買取のケースはユースドカー買い取り専業店が行っているもので、中古の車という名目で売ることを前提として引受けのプライスを決定するので、わりと高プライスでの買取が期待できます。いずれにしてもユースドカーを売る事であり、売り払う前に買取りプライスを決めるための値踏みが行われることとなります。

審査をしていただく場合に気に掛かるのはリサイクル料となります。自分のクルマの査定で出してもらう金額としてはマイカーそれ自体の値段、愛車についてくる自賠責保険とかリサイクル料などいれた値段の二つの種類があります。「リサイクル料」はくるまを購入した際、若しくはリサイクル料が払われてなかったときには車検のさいに支払いとなるもので、のちに自分のくるまのを廃車として壊してしまう場合必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするさいの費用ということで使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する場合自動車リサイクルシステムから支払されることとなります。

代金はだいたい、軽であれば8千円くらい、国産車であれば1万円くらい、外車などで1万5千円位、それとは別に2万円位を入れる必要性がございます。大抵のマイカー引き取りであれば、これらの「リサイクル料」をクルマの買取価格とは他として引受けされる事になりますが、リサイクルの代金を含んで買取り額としているケースもあり、見積もりを希望するさいにはチェックしておくのが大切な事となります。