話題沸騰!「中古車見積もり時の必要書類」について思うこと

お車を処分するケースにおいての方法は買取りや下取りという手順があります。下取りは新しい愛車を入手したと一緒に、前乗っていた自家用車を引き受けて頂くものです。こちらは走ることが出来る自動車だったらプライスがつくわけですが、度を超えて古かった場合ですと反対に処分のためのお金を求められる場合もなくはないでしょう。

下取の場合は専門のお店がおこなうわけではないので、望んだ金額での売却は厳しいですが、新しい自動車と交換のような形で乗り換えすることが可能という長所があります。他方買い取りはといえば、それ専門の中古車買い取りの専業店に依頼して引受けをして頂くものです。手続きが分かりづらいなどの良くない点もあるわけですが、買取をされた所有車は中古車となって流通されるのがそもそも前提ですから、わりと高値での買取りが望めると思います。

下取、買取どちらであっても売り払うさいには必要な書類を先に用意しておくことが必要となるでしょう。その必要書類としては、自動車検査証や車の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。そして印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

譲渡の場合には委任状や譲渡証明も必要となるのですが、これらはお店の方で用意してくれるでしょう。売渡を頼みたいこちらとしては、車検証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印更に印鑑証明が用意すべきものになります。鑑定の際もそれらに関してはチェックされるので、紛失の時には再度発行していただくことになります。

仮に無くした際でも値踏みだけを受けることはオーケーですが、すぐに手続きは出来ないので見積もり価格に何か影響が出ることになるでしょう。