車買取、そしてリサイクル料のことを考えてみた

自動車を処分する時の進め方としては買い取りと下取りが有ります。下取のケースは次の自動車を入手する時、古いユーズドカーを買い取って頂くというものです。たいていは新車取扱店が買取りを行うため買い取り額のほうはどちらかというと低めになるケースが多いです。

一方で買取りの方は自動車買取り専門の業者がおこなっているもので、ユーズドカーとして売る事を予定に買取り価格を決めるため、割と高値での引取りが望めます。いずれにしろお車を売却する事であり、売り払う前に引き受けプライスを決定するための見積もりがおこなわれます。

審査を行うさいに気になるのは「リサイクル料」です。自分の車の審査で提示される値段というのはお車そのもののプライス、自分の車のに附随するリサイクル料とか自賠責保険など入れた価格の二つの種類が御座います。リサイクル料は愛車をゲットしたさい、またはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた際に支払いとなりますので、先々お車を廃車として壊してしまうケースで必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルするときの料金として使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体する際に自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

費用は大体、軽で8千円位、国産車だと1万円ほど、外国の車等だと1.5万円位、その他で約2万円ほどを入れる必要性がございます。大概のユースドカー買い取りでは、これらの「リサイクル料」を所有車の引き取り額とは他のものとして引き取られる事となりますが、リサイクル料金を含めて引取り額としてる場合もあり、引取りを頼む際にはあらかじめチェックしておくということが大事な事となります。